本文へジャンプ
P.I.M.E. Logoカトリック・ミラノ外国宣教会 
Pontificio Istituto Missioni Estere
  カトリック・ミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)では、日本に住む青年たちを対象として、「海外での体験学習」を開催しています。
異文化の価値観に触れるこの体験学習の様子をどうぞご覧ください。

体験学習の参加者

タイ・バンコクでの体験学習 2012

2012年8月20日~27日

タイでの経験

今回の旅に参加したきっかけは今年3月に他の旅行で訪れたインドでの体験があります。インドの環境やマザー・テレサの施設での体験は衝撃的でした。その中でも一番印象強いことは、町やスラムで出会った子どもの目の光の強さです。生きるために貪欲な目だと感じました。日本の子どもたちにはない目の輝きでした。世界中の子どもたちを見てみたいと思いました。

タイで出会った子どもたちは言葉が分からないのにも関わらず、笑顔で出迎えてくれ、朝起きると名前を呼んで飛びつき、学校まで送ると車が出発するまで何度も振り向きながら手を振り、夜ごはんの時にも飛びついてきて夜それぞれの家の玄関まで常に一緒でした。元気で可愛く、子どもたちの目はきらきらしていてこちらにも微笑みをわけてくれる目であると私は感じていました。しかしシスターが最後の反省会で、以前までそう思っていたが、高地に住んでいる貧しい少数民族の子どもの目をみて、うちの子はぎらぎらしていると思った、と話されているのを聞き、衝撃を受けました。無邪気にきらきらだと思っていたものはぎらぎらであり、それは私には到底考えることが出来ないような経験からなった目の色なのです。

私たちは何も知らず、家に帰れば家族が居て、休める場所があり、守られていて、タイには旅行でよっているだけですが、子どもたちにはなく、そこが毎日の生活の場なのです。ただ安易に可愛い可愛いと遊び、子どもたちに笑顔と元気と素晴らしい思い出を貰いましたが、本当にそれは正しい行動だったのかと不安に思いました。私は子どもたちに何ができたのか、何を残すことができたのかという大きな疑問が残ってしまいました。今もまだ答えが出ていません。

今回の体験は多くの事を感じ、考える事ができたかけがえのないものになりました。行かせてくれた両親、現地で忙しいのにも関わらず優しく迎え入れてくださったシスター、職員の方々、子どもたち、一緒に活動したメンバーの皆、付き添ってくださったオスカル神父様に感謝したいです。

メッセージ

「夢中」

ビアンキン・マリオ

日本管区本部

カトリック・ミラノ外国宣教会
日本管区本部 (P.I.M.E.)

〒206-0021
東京都多摩市
連光寺6-11-6
Tel: 042-371-9844
Fax: 042-371-9624
宣教会へのアクセス

本の紹介

『夜半、日頭 明らかなり』

夜半、日頭 明らかなり

著者:ルイジ ソレッタ
    (ミラノ外国宣教会)
翻訳:横山 俊樹
価格:1,050円
ご購入はこちら→amazon

世界のP.I.M.E.

私たちミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)の宣教師は、ローマ本部を中心に、世界各国で活動しています。
日本管区会員
PIME ローマ (本部)
PIME ミラノ
PIME U.S.A.
PIME ブラジル

かけ橋
-諸宗教対話と交流を進める会