本文へジャンプ
P.I.M.E. Logoカトリック・ミラノ外国宣教会 
Pontificio Istituto Missioni Estere
  福音のためにもたらされる苦しみが
訪れる日は幸い。
しかし、もっと幸いなのは、わたしが、福音のために
喜びをもって自らの存在を明け渡す時である。
──派遣のときの祈り

ミラノ外国宣教会の殉教者

ファウスト・テントリオ神父の殺害について

ファウスト・テントリオ神父(1952~2011)


ファウスト・テントリオ神父
2011年10月17日フィリピンのミンダナオ島でミラノ会の神父ファウスト・テントリオ(Fausto Tentorio:59歳)が殺害されました。

ミサが終わり司祭の集まりに向かう途中、突然現れた見知らぬ2人組の男に車の中で殺されました。

テントリオ神父はミラノ出身で30年間ミンダナオ島で宣教師として活動していました。特に少数民族の権利を主張し続けていました。

テントリオ神父の葬儀は10月25日にミンダナオ島で執り行われまました。
皆様、どうぞお祈りいたしましょう。


メッセージ

「夢中」

ビアンキン・マリオ

日本管区本部

カトリック・ミラノ外国宣教会
日本管区本部 (P.I.M.E.)

〒206-0021
東京都多摩市
連光寺6-11-6
Tel: 042-371-9844
Fax: 042-371-9624
宣教会へのアクセス

本の紹介

『夜半、日頭 明らかなり』

夜半、日頭 明らかなり

著者:ルイジ ソレッタ
    (ミラノ外国宣教会)
翻訳:横山 俊樹
価格:1,050円
ご購入はこちら→amazon

世界のP.I.M.E.

私たちミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)の宣教師は、ローマ本部を中心に、世界各国で活動しています。
日本管区会員
PIME ローマ (本部)
PIME ミラノ
PIME U.S.A.
PIME ブラジル

かけ橋
-諸宗教対話と交流を進める会