本文へジャンプ
P.I.M.E. Logoカトリック・ミラノ外国宣教会 
Pontificio Istituto Missioni Estere

2011年6月26日、ミラノにて、カトリック・ミラノ外国宣教会のクレメンテ・ヴィスマーラ神父が列福されました。

福者クレメンテ・ヴィスマーラ

クレメンテ・ヴィスマーラ神父(1897~1988)の列福


列福式の様子
2011年6月26日、ミラノにて、一人のカトリック・ミラノ外国宣教会の司祭が列福されました。列福された司祭の名前はClemente Vismara(クレメンテ・ヴィスマーラ)です。
列福式のミサには司教20人、司祭300人、信徒1万人が参列しました。

列福されたクレメンテ神父様は65年間宣教師としてミャンマーで活動しました。彼が成し遂げたは特別なことではありませんが、65年間に亘り自身の信仰を守りながら、貧しい子どもたちのために一生を捧げました。そのことから「子どもの聖人」と言われています。

ある子どもは木から落ち、死にそうな状態でした。このとき、その子どもの母親は宣教師に祈りを捧げたことで、子どもは回復しました。
これはクレメンテ神父様が行った奇跡とされました。
そしてそのときに命を救われた子どもも列福ミサに与りました。



福者クレメンテ・ヴィスマーラ
福者クレメンテ・ヴィスマーラの手紙の中に、このような言葉があります。

「今日で86歳になります。
人はいつから年老いていくでしょうか?
自分でできないと思う時から。
私はまだ沢山の人々のためにしなければならないことがあるから、年老いるわけにはいきません。
人々のために人生を捧げれば、人生は素晴らしくなります。
人々のために人生を捧げない場合は、人生は味気ないものになるでしょう。」

メッセージ

「夢中」

ビアンキン・マリオ

日本管区本部

カトリック・ミラノ外国宣教会
日本管区本部 (P.I.M.E.)

〒206-0021
東京都多摩市
連光寺6-11-6
Tel: 042-371-9844
Fax: 042-371-9624
宣教会へのアクセス

本の紹介

『夜半、日頭 明らかなり』

夜半、日頭 明らかなり

著者:ルイジ ソレッタ
    (ミラノ外国宣教会)
翻訳:横山 俊樹
価格:1,050円
ご購入はこちら→amazon

世界のP.I.M.E.

私たちミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)の宣教師は、ローマ本部を中心に、世界各国で活動しています。
日本管区会員
PIME ローマ (本部)
PIME ミラノ
PIME U.S.A.
PIME ブラジル

かけ橋
-諸宗教対話と交流を進める会